妊娠初期に生理痛のような腹痛・痛みがあるのは普通?

生理痛

妊娠初期に生理痛のような下腹痛があると、とても不安になってしまいますよね。妊娠初期は、少しの体の変化が心配になってしまうものなのです。しかし、下腹痛があったからといって、すぐに産婦人科を受診するのは考えものです。ここでは、妊娠初期生理痛のような下腹痛の原因についてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠初期に生理痛のような下腹痛!大丈夫?

妊娠初期症状に最も多いものとしまして、「下腹痛」があります。痛みの感じ方は人によって様々です。生理痛のような鈍い痛みの時もあれば、ズキズキと痛む場合もあります。また、ずっと同じ痛みが続くわけではなく、昨日は鈍痛のような痛みだったのに、今日はチクチクと痛むということもあるようです。

さらに、痛みの種類は妊娠する度にも違ってきます。

痛みの感じ方が一定のものではないので、「もしかしたら流産してしまうのかも…」などと不安になってしまいますよね。

しかし、妊娠初期の下腹痛は普通のことなのです。もちろん、生理痛のような痛みを感じることもあるでしょう。生理痛のような痛みがあるからといって、生理になってしまうわけではありませんから安心されて下さいね。

では、妊娠初期の生理痛のような下腹痛は、何故起きるのでしょうか?

妊娠初期の下腹痛の原因とは?

妊娠初期の生理痛のような下腹痛の原因は色々あります。
 
妊娠すると、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンをはじめ、出産に向けて母体が変化するためのホルモンも大量に分泌され始めます。このホルモンや母体の変化が、生理痛のような下腹痛を引き起こすのです。

特に妊娠中や排卵後に分泌される「プロゲステロン」は、妊娠を持続させる働きをする代わりに、下腹痛や腰痛、頭痛などを引き起こすことがあるのです。また、妊娠することにより、子宮が大きくなっていきます。

その時に生じる痛みが下腹痛となってあらわれる場合もあるのです。子宮の筋肉が収縮することで大きくなるので、チクチクと引っ張られるような痛みだけではなく、生理痛のような鈍痛も感じることがあります。

さらに、受精卵は子宮内膜に着床する際に、ぐぐーっとめり込むように着床します。その時に下腹痛に鈍痛を感じることがあるのです。妊娠初期は胎盤が出来上がっていないため、受精卵は子宮内膜に根を張っている状態です。

この胎盤が出来上がる過程や、根を張った受精卵の壁がずれた時に(ずれるのは何の問題もないそうです)微量の出血がみられることがありますが、その時に下腹痛の鈍痛を感じることもあるようです。

出血と下腹痛が重なると「もしかして流産!?」と慌ててしまうと思いますが、出血が微量で下腹痛もすぐにおさまるようであれば、心配のないことがほとんどです。ただし、自己判断は禁物ですので、このような症状がみられた場合は、必ず産婦人科を受診するようにして下さいね。

妊娠初期の生理痛のような下腹痛はよくあることです。下腹痛があっても慌てないようにしましょう。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ