妊娠初期は口内炎がよくできる!使っても良い薬やビタミン剤

口内炎

妊娠してから口内炎が頻繁に出来る人は、意外と多いものです。たかが口内炎ですが、これが結構痛いのです。しかも、頻繁に出来るとなると辛いものがあります。ここでは、妊娠初期に口内炎が出来やすい原因と、使っても良い薬ビタミン剤についてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠初期に口内炎が出来る原因とは?

妊娠前は口内炎とは無縁だった人でも、妊娠を機に口内炎が出来やすくなることがあります。口内炎は、ウイルス性のものやアレルギー反応で起こるものなど様々あります。妊娠中は、全期を通して免疫力が低下しています。免疫力の低下は、口内炎が出来やすくなる要因となります。

また、妊娠中にいちばんおろそかになりがちなのが「口腔内のケア」なのです。特に妊娠初期は、悪阻などで歯磨きすら気持ち悪くて出来ないという人がいると思います。

だるさや倦怠感なども伴い、余計に動くことが困難になるかも知れません。しかし、歯磨きがおろそかになってしまいますと、歯周病や歯肉炎などのトラブルの元にもなります。当然、口内炎も出来やすくなるのです。

さらに「妊娠初期にスナック菓子を食べる度に、口内炎が出来る」「チョコレートを食べる度に口内炎が出来て困る」という声もよく聞かれます。これも一種のアレルギー反応で、妊娠による免疫力の低下で起こりやすくなっているのです。

妊娠初期は、急激なホルモンの分泌が起こります。体内では、常にホルモンが大量に分泌されており、大忙しなのです。ホルモンの大量分泌は、口内炎が出来る原因となる場合があります。

この様に、妊娠初期に口内炎が出来る原因は様々あるのです。
 

妊娠初期の口内炎の薬は?ビタミン剤は大丈夫?

妊娠初期は、胎児の重要な器官が形成される時期でもあるため、市販の薬は抵抗がある人も多いと思います。また、市販の口内炎の薬は「妊娠中、または授乳中の方は医師とよく相談して下さい」と説明書きがされているものもあります。

不安であれば、産婦人科で口内炎の薬を処方してもらいましょう。産婦人科で処方される薬は、妊婦さんには安全なものなので安心出来ますよね。

また、あまりにも頻繁に口内炎が出来てしまうのであれば、ビタミンが不足しているのかも知れません。特にビタミンB群やビタミンCが不足していると、口内炎が出来やすいようです。

レバーや納豆、緑黄色野菜や果物などを出来るだけ積極的に摂るようにしましょう。悪阻で吐いてしまう人は、少しでも摂りやすいさっぱりとした果物が良いでしょう。果物には、ビタミンCが豊富に含まれています。

さらに、ビタミン剤でビタミンを補うのも良いでしょう。もしビタミン剤を服用するのであれば、その旨を必ず医師に伝えて下さいね。

また、口内炎が出来たところにハチミツを付けてみるのも効果があるかも知れません。ハチミツには殺菌作用がありますので、口内炎にも効果が期待出来るでしょう。

妊娠初期の口内炎は辛いものです。まずは口腔内を清潔に保ち、口内炎を予防するようにしましょう。

関連記事:

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ