妊娠初期にココアやミロを飲んでも大丈夫?

妊娠初期 ココア

妊娠すると今まで飲んでいた飲み物が、胎児にとって大丈夫なのか気になってしまいますよね。コーヒーや紅茶はカフェインが含まれているので、妊娠前よりも飲む量を減らさなければいけないのは分かりますが、ココアやミロはどうなのでしょうか?ここでは、妊娠初期ココアミロの安全性についてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠初期のココアは大丈夫?

ココアにもカフェインが含まれているのをご存知でしたか?子どもにもココアを飲ませている人がいるので、カフェインが含まれていないと思われているかも知れませんが、実は微量ながら含まれているのです。

では、どれくらい含まれているのかというと、100mlあたり10mgほどです。コーヒーであれば、100mlあたり60mg~100mg、紅茶であれば100mlあたり30mlほどのカフェインが含まれているので、コーヒーや紅茶と比べるとカフェインの量はすごく少ないと言えます。

妊娠初期に摂取しても心配のないカフェインの量は、1日200mlほどですので、ココアを1~2杯ぐらい飲んだからといって、過剰に心配する必要はなさそうです。

しかし「お腹の赤ちゃんの為に、どうしてもノンカフェインじゃないとダメ!」という人もいるかと思います。そのような人には、ココアは向いていない飲み物と言えます。タンポポコーヒーや、ルイボスティー、たんぽぽ茶などのノンカフェインの飲み物を飲むことをお勧めします。

妊娠初期のミロは飲んでも大丈夫?

ココアはココアパウダーに砂糖を加えた飲み物ですが、ミロは麦芽エキスが主成分の飲み物です。つまり「麦芽飲料」という位置づけなのです。

ココアに比べて栄養素が豊富であり、ビタミンやカルシウムが多く含まれています。また、妊婦さんにとって嬉しいのが、ミロには鉄分が豊富に含まれているということです。妊娠初期でも、胎児を育てるために鉄分は母体からどんどん失われていきます。

中期や後期ほどではありませんが、妊娠していない時よりも母体は鉄分を多く必要としています。しかし、妊娠初期は悪阻などで体調が悪いことが多く、食事もままならない日がありますよね。そのような時に、飲み物から鉄分が摂れるのは、非常に嬉しいことです。ミロは、妊娠中は非常に優秀な飲み物と言えるでしょう。

ただし、ミロにもわずかながらカフェインが含まれているのです。ココアよりは安心して飲むことが出来ますが、それでもノンカフェインでないと気になってしまう人には、安心出来ない飲み物ということになりますよね。

まとめますと、ココアやミロは、コーヒーや紅茶などと比べるとカフェインの量はかなり微量です。医学的には、妊娠中でも安心して飲むことの出来る飲み物です。特にミロは、栄養素が豊富で優秀な飲み物と言え、妊娠初期の栄養補給には特に優秀と言えます。

ただし、ココアやミロには微量ながらカフェインが含まれています。カフェインが気になる人には向かない飲み物ですので、このような人はノンカフェインの飲み物を飲むようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ