妊娠初期の胃痛や胃もたれの原因や対処法

胃痛

妊娠初期症状で、胃痛や胃もたれがみられる人がいます。キリキリと痛んだり、何だか胃が気持ち悪い感じがしたり…本当に不快ですよね。悪阻による吐き気とはまた違った気持ち悪さです。

でも、妊娠初期胃痛胃もたれはちゃんとした原因対策があるのです。これを読んで、少しでも不快な症状が軽減出来たらと思います。

スポンサーリンク

妊娠初期の胃痛や胃もたれの原因

妊娠初期症状で、胃痛や胃もたれがあらわれる場合があります。これは「悪阻」の一種なのです。吐き気や倦怠感などと同じで、妊娠初期ならば誰でも経験してもおかしくない症状です。

普段から胃腸の弱い人や、生理前に胃痛や胃もたれがある場合、症状が顕著にあらわれることが多いようです。では、妊娠初期の胃痛や胃もたれの原因は何なのでしょうか?

これは「プロゲステロン」というホルモンの影響です。妊娠すると、プロゲステロンが大量に分泌されるようになるのですが、このプロゲステロンは、子宮の収縮を和らげ、子宮が大きくなっていくのを助けるホルモンなのですが、同時に胃腸の働きを弱めてしまう働きがあることが分かっています。

従って、食べ物が普段よりも胃の中に長くとどまってしまう為に胃痛や胃もたれに繋がってしまうというわけです。

ちなみに妊娠初期の便秘や下痢なども、同じメカニズムで起こっていると言えます。

また、胃は、自律神経に大きな影響を受けます。妊娠し、ホルモンが急激に分泌されるようになったり、妊娠によるストレスを感じたりすると、交感神経と副交感神経のバランスが乱れます。一種の自律神経失調症のような状態になってしまうのです。

交感神経が優位になる人は、胃液の分泌が低下し、胃もたれや消化不良の原因になります。反対に副交感神経が優位になる人は、胃液が過剰に分泌される為、胃が荒れて胃痛や胸やけを起こす原因となるのです。

妊娠初期の胃痛や胃もたれの対策は?

とにかくゆっくりとよく噛んで食べるように心掛けましょう。急にたくさんの量を食べると、食べた物を消化する時に分泌される胃酸が多くなり、胃痛や胃もたれの原因になってしまいます。

悪阻で吐き気がある人はそんなに多くの量を食べることが出来ないので心配はいりませんが、吐き気のない人、食べ悪阻(食べていないと気持ち悪くなる)がある人は、特に注意が必要です。

また、食事と飲み物を別々に摂るのもおすすめです。飲み物を一緒に飲むと、胃酸が薄められてしまい、より多くの胃酸の分泌を必要とする為、結果胃痛や胃もたれの原因になってしまいます。

胃の粘膜を守る働きのある食べ物を摂るのも効果的です。ヨーグルトやキャベツ、リンゴ、胃酸の分泌をコントロールしてくれる梅干しなどもいいです。反対に避けたほうが良い食べ物は、唐辛子やカフェインなどの刺激物です。その名の通り、胃を刺激してしまい、胃酸の分泌が多くなってしまいます。

これらの対策をしても、中々改善しない時は、産婦人科医に相談されてみてくださいね。妊娠中でも飲める薬がありますので、胃のトラブルと上手に付き合っていきましょう。

関連記事:

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ