妊娠超初期症状の頭痛や吐き気!薬は飲んでもいいの?

頭痛 吐き気

妊娠超初期症状頭痛吐き気を伴う方は多いですよね。どちらも本当に辛い症状です。特に吐き気は「悪阻」の症状で代表的なものです。日常生活に支障をきたす方もいらっしゃる程です。中には脱水で入院される方も…。

でも妊娠中だから薬は気軽に飲めない…本当に辛いですよね。妊娠初期の頭痛や吐き気の症状と原因、また妊娠初期の薬の服用についてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠超初期症状の頭痛、吐き気

妊娠超初期症状に頭痛や吐き気を訴える方がいらっしゃいます。頭痛の原因は色々な説がありますが、元々偏頭痛持ちの方や、生理前症候群(PMS)で頭痛の症状がある方などは妊娠初期症状でも頭痛が現れる事があるようです。

妊娠超初期症状は妊娠前から感じる?生理前との違いを見分けよう
妊娠初期のイライラとPMSの症状の違いや対処法

また、吐き気もよくある症状のひとつですね。俗に言う「悪阻」の代表的な症状です。もっと言うと、妊娠初期症状は全てが「悪阻」なのです。頭痛や腹痛、腰痛や下痢、便秘なども全部ひっくるめて悪阻です。悪阻でよく現れる症状に吐き気が多いだけの事です。

この吐き気の症状は、こちらも原因は様々言われていますが、最も有力なのは妊娠が成立した時に分泌されるhcgというホルモンの影響という説です。このhcgは、大量に分泌されると吐き気の症状が現れる事があります。hcgは、妊娠時にしか分泌されないホルモンなので、この吐き気も独特なものです。症状も個人差があります。

常に気持ち悪くて吐き続ける方、反対に空腹だと気持ち悪くなるので、ずっと食べてしまう方、ある特定の食べ物が駄目になったり、特定の食べ物しか受け付けなかったり…。また特定の匂いが駄目になってしまう方もいらっしゃいます。実に様々な症状ですよね。

私自身の体験ですと、1回目の妊娠の時はそこまで気持ち悪いという事はなく、ある特定の食べ物、匂いで少し気持ち悪くなるといった感じでした。2回目の妊娠の時は、ただただ気持ち悪く、2~3回は吐きました。食べ物全般が駄目で、体重も2~3㎏落ちました。

妊娠初期症状は、同じ女性でも、その時その時の妊娠で違うものなんだなと実感しました。

妊娠超初期症状は風邪っぽい!咳や鼻水の症状が
 

妊娠初期の薬

妊娠初期に「妊娠しているのに気付かず、薬を飲んでしまいました。大丈夫でしょうか?」という質問をよく見かけます。基本的には、気付かずに飲んでしまった薬は胎児には影響はないと言われています。ただ、胎児の重要な器官である、心臓などは妊娠4週~9週に殆ど出来上がります(絶対過敏期といいます)。

妊娠週数は、生理開始日を1週目と数える為、生理予定日がちょうど妊娠4週にあたります。妊娠に気付くか気付かない時期はちょうどこの時期にあたってしまうのです。

では、一体どうすればいいのでしょうか?

前述の通り、妊娠に気付かずに服用してしまった薬は仕方ありません。産婦人科の医師に、どの様な薬を飲んだか伝えましょう。ただ、市販されている風邪薬などは、まず胎児に影響する事はないと言われています。その薬に妊婦は医師に相談など書かれているのは「念の為」です。

医師の処方が必要な薬は、当然医師の管理がある為、妊娠中または妊娠を希望する女性が服用しても良い薬なのか相談出来ます。

妊娠初期症状はつらい症状もあります。あまりにも辛い時は、産婦人科の医師に相談して鎮静剤など処方して頂きましょうね。

関連記事:

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ