妊娠超初期症状の腰痛はいつから?流産の危険性は?

妊娠超初期症状 腰痛

妊娠超初期症状のひとつに「腰痛」があります。妊娠中の腰痛というと、お腹が大きくなってくる妊娠中期以降によくみられる症状ですが、妊娠初期にもみられる場合があります。

また、「妊娠初期に腰痛があると流産の兆候」とネットで書かれている時がありますが、これは本当なのでしょうか?妊娠初期に腰痛はいつから起こるのか?起こるメカニズムと、流産の関係についてご説明させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠超初期症状の腰痛

妊娠超初期症状のひとつに「腰痛」があります。「妊娠初期症状に腰痛なんてあるの?」と思われるかも知れませんが、あるのです。私自身がそうでしたから(笑)

1人目の妊娠の時は腰痛はなかったのですが、2人目の時は妊娠初期から腰痛がありました。下腹痛もありましたし、まるで生理前の症状でして、妊娠検査薬で陽性が出ていたものの、「本当に妊娠しているの?」と不安になっていました。微量の出血もありましたしね。

妊娠中期頃から、お腹が出てきてから腰痛になる方が多いですが、何故妊娠初期に腰痛が起こるのでしょうか?それは「リラキシン」というホルモンが原因のようです。

妊娠が成立すると、女性の体は早くも出産に向けて準備をし始めます。そのひとつが「骨盤の開き」です。妊娠のごく初期から、出産に向けて骨盤は少しずつ少しずつ開いていきます。柔らかくなると言ってもいいですね。

この骨盤を開く時に分泌されるのが「リラキシン」です。リラキシンは腰痛を引き起こす事があります。また、骨盤が開いているのですから、腰痛が起こっても不思議ではありません。

確かに、妊娠超初期症状に腰痛がある方は少ないかも知れません。しかし、私のケースのように、妊娠していても初期から腰痛がある場合もありますので、あまり神経質にならないで下さいね。

ちなみに、生理前の腰痛は「プロスタグランジン」というホルモンの影響だと思われます。このホルモンは、子宮を収縮させる作用があり、生理痛はこのプロスタグランジンの影響もあると考えられています。

子宮周辺に痛みを引き起こす作用もある為、下腹痛や腰痛が現れるという訳です。生理前と妊娠初期症状に違いはあまりない方がいますが、体にもたらすホルモンの影響が、妊娠していてもしていなくてもそこまで変わらないからかも知れませんね。
 

腰痛による流産の危険性は?

ネットではよく「妊娠超初期症状に腰痛があれば流産の兆候」と書かれていますよね。これは当たっている場合と当たっていない場合があります。

当たっている場合ですと、流産してしまった時に、下腹痛や腰痛が顕著に現れる場合がありますので、体験談の中に腰痛=流産と書かれているんだと思います。下腹痛は、妊娠超初期症状にはよく見られますが、腰痛はあまり体験談としてないのも原因です。

しかし、当たっていない場合は、前述した通りの私のようなケースです。下腹痛、腰痛、微量の出血がありながら流産の兆候ではなかった…見るからに流産の兆候のような症状なのに、私の場合ですとただの妊娠超初期症状だったのです。

ですから、腰痛があるからといって流産の危険性があるのかというと、ないと言えます。妊娠初期に腰痛があるからといって、不安にならないで下さいね。
 

関連記事:

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ