妊娠超初期症状の胸の張りはいつからいつまで?その原因は?

胸の張り

妊娠超初期症状でよく聞かれる「胸の張り」。赤ちゃんに母乳を与える為に妊娠初期から乳腺が発達していきます。胸の張りの原因はそれだけではありません。他にどの様な原因があるのでしょうか?私自身の体験も混じえながら、いつからいつまで続くのか説明させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠超初期症状の胸の張り

妊娠超初期症状によく聞かれる症状で「胸の張り」があります。妊娠初期症状でなくとも、生理前症候群(PMS)にも胸の張りがあります。女性なら誰でも、胸が張る感じが分かるのではないでしょうか?

妊娠超初期症状における胸の張りは、いつ頃から始まるかと言いますと、個人差はありますが妊娠が成立する、すなわち着床した後に顕著に現れる事が多いように感じます。勿論、着床する前も黄体ホルモンの影響で胸の張りを感じる事はありますが、着床するとより多くの黄体ホルモンが分泌されるようになるので、それまで以上に張りが感じられるようになるのです。

私の体験から言いますと、元々生理前でも、胸の張りは感じる事はあまりありませんでした。しかし、2回の妊娠で、2回とも妊娠初期症状で胸の張りを強く感じました。ちなみに、妊娠中ずっと胸の張りがありました。

妊娠超初期症状における胸の張りはいつ頃まで続くのかと言いますと、これも個人差がありますが、安定期にはいったん落ち着く人が多い感じですね。ただ、私のようにずっと張りを感じる場合もあります。

中には安定期に入ってから母乳の分泌がみられる人もいるのです。ですから、いつ頃から始まり、いつ頃に収まる…という目安はあまりないと思います。ただ、胸の張りを全く感じないという方はあまりいないです。

【妊娠超初期症状】胸の張りがない!なくなった!これって大丈夫?

妊娠超初期症状の胸の張りの原因は?

胸の張りの原因は、先ほどもちらっと触れましたが、黄体ホルモンの分泌が原因です。また、妊娠成立に伴い、卵胞ホルモン(エストロゲン)も分泌されます。この2つのホルモンは着床後に盛んに分泌され始めます。

エストロゲンは別名「女性ホルモン」で特に母乳の分泌の要となる、乳腺の発達を促す働きがあります。妊娠が成立したその時から、母乳の分泌の準備を始めているのです。そこに痛みを伴う黄体ホルモンが重なり、それが胸の張りとして現れるという訳です。

胸の張りと言っても症状は様々で、ただ乳房に違和感がある感じの人もいれば、ズキズキと熱を持ったように感じる人、胸にずっと熱をもったように感じる人、乳首が痛くなったりかゆくなったりするなど個人差があります。

特に妊娠初期は、体が急激に変化するので胸が痛いぐらい張る人がいます。これが結構辛いのです。そのような人は、早めにマタニティブラに切り替える様にしましょう。普通のブラジャーだと、乳腺の発達に影響がある場合があります。また、あまりに痛いようなら、小さめのアイスノンなどで冷やすのも効果的です。

将来産まれてくる赤ちゃんの為にも、乳房のケアはきちんと行っておきたいですよね。

関連記事:

スポンサーリンク

妊活サプリランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ